自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
   « next    ホーム     prev »  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

LED懐中電灯分解改造

ヤフオクで入手した「CREE T6 小型ハンディライトLED」
リチウム充電池はUltraFire製の18650 3.7V 4200mAhを1本搭載しています。
製品自体も、ネジ部の加工が荒く中華製のように思えます。
ネット情報によると中華製の疑わしいLEDチップを搭載したものも流通しているそうです。
IMG_7353s.jpg

世界最強といううたい文句の多いこのCREEのT6チップ。正式には XM-Lという型式で10Wの高出力らしいのですが、XM-L2という高性能タイプもあるようです。
取り付け基盤にはCREEの表示はあるものの、LEDチップはCREEのXM-Lかどうかよくわかりません。
XM-L2に換装するつもりでしたので分解しました。
画像のLEDチップは素子の上のレンズと配線を取り除いています。
IMG_7324s.jpg

メーカーの資料と分解したLEDチップを比較してみました。
CREE XM-L

分解したLEDチップです。パターンは純正品と同じようです。でも?です。
XM-Lチップ

本物のCREE XM-L2 T6 10W LED を20mmと16mm基盤に搭載したものを一個500円で購入しました。。
XM-L2 はXM-Lより20%明るさが向上しているそうです。

<メーカー説明>
XM-L2はシングルダイLEDで、電流3A, 25℃において1,198 lmの高輝度出力と116 ルックス/Wの高いパフォーマンスを有します。XM-L2は、Cree第3世代シリコンカーバイトのテクノロジーにより、初代XM-Lに対して20%アップの輝度とルーメン・パー・ワット(LPW)、2倍のルーメン・パー・ドル(lm/$)を達成しました。


下の画像の右下が16mm基盤に搭載されたCREE XM-L2 T6 10W LED素子です。
左上が、小型ハンディライトに取り付けられていた20mm基盤に搭載されていたものです。
IMG_7352s.jpg

さっそく換装してみました。
LED基盤の裏にはCPU用の伝熱グリスを付け、ネジ部とOリングにはシリコングリスを塗布し防水性をアップしておきました。
IMG_7350s.jpg

この画像は、ライトをもっとも拡散させた時のものです。
IMG_7355.jpg

下の画像は明るさの比較をするために30W+38Wの室内照明を付けた状態のものです。
IMG_7356.jpg

30W+38Wの室内照明を画面に入れてみました。
IMG_7357.jpg

かなり明るくなりましたが、100%の出力は出せているかどうかはわかりません。
LEDドライバーの制限電流値はどうなのでしょう。素子のスペックからすると、3A流れるはずですが、機会があれば計測してみます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造

2014-11-10 : LED : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1234位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。