自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
   « next    ホーム     prev »  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

’99ツインパワーH分解

買ってから13年程経過した'99ツインパワー8000Hを分解してみました。
釣行後、スプールは流水に浸けこみ塩抜き、ボディーは水拭きか、海水を被った時はローター部を上向きにした状態でサッとシャワーがけ。
周囲からは、「スプールの水への浸けこみはよくない」「このタイプはシャワーがけするとベアリングがやられる・・」等々の批判をあびながら、20年来この手法を貫いてきました。
パーツリストはもちろん保存してあります。
IMG_0997_20140128004155a42.jpg

さて分解です。
マスターギアです。グリス切れはなく、グリスの汚れも見られません。
IMG_0968.jpg
IMG_0978.jpg

ボディー内部です。塩は見られず海水の侵入の痕跡は無いように見えます。
IMG_0975.jpg

摺動子とスプール軸の取り付け部に若干のアソビが見られました。
クロスギア軸が軸方向に若干アソビが見られます。クロスギアブッシュかクロスギア軸カラーあたりにヘタリか摩耗があるのかもしれません。近いうちにブッシュをベアリングに変更できるかどうかの検討をする予定です。
IMG_0972m

組み付けに際し、画像のようにローター(回転枠)側の凹溝にグリスを塗布し、ロータークラッチカバーの凸部分との間で海水の侵入をより防止する対策を施しました。若干の抵抗になるかもしれませんが、そのうち馴染むことで水の入り込まない程度のわずかな隙間ができてくるはずです。
IMG_0981.jpg

IMG_0982.jpg

ここまでの分解から確認、組み立てまで約1時間でした。
至ってシンプルな構造で長く使い続けるにはメンテナンスしやすく好感が持てました。
但し、スプールがかなり重く感じます。スプールのヘッド部分が重い。スプールリングとその上にあるアルミ製の部品(なんという名前なのでしょうか)の質量が原因のようです。
IMG_1005.jpg


関連記事
スポンサーサイト
2014-01-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1521位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。