fc2ブログ
自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
   « next    ホーム     prev »  

レコードプレイヤーDP-67L再調整

先日の夜の「エラート・オーディオ・チェック'78」での音響テストで、低音域の30Hzが聴こえるような聴こえないような感じでしたので、本日昼間に針圧を標準値の1.5gから1.25gに暫定的に変更し、適正音量でチェックしてみました。 針圧は、以前のトーンアームであるオーディオクラフト製AC-300では軽めの1gでノイズが少なくお気に入りの音を出していました。このトーンアームは、一点支持のオイルダンプ式でしたのでレスポンスが良く、カートリッジの性能を軽針圧で引き出せていました。 これがAC-300です。昨年オーバーホールしダンピングオイルも信越シリコン製のものを入手したのですが、もう使用することもないので、オークションで処分する予定です。 201401051918309b1.jpg 20140105191829fa4.jpg またカートリッジのAT-33ML自体も標準より軽めのセッティングが良いとの評判が有ったと記憶しています。 20140105193242052.jpg 20140105193243da1.jpg 結果は、あっさり聴こえました。30Hzは空気の震えるような音、「振動」です。 まだ、アームの調整を気合いを入れてやったわけではありませんが、家族が使うには一応OKでしょう。 反りのあるレコードに対する追従性はAC-300の方が良いように思えます。 改善可能かどうか、一度気力の充実している時に、アームを分解しレストアにチャレンジしてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

2014-01-05 : オーディオ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
13439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3540位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め