自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
   « next    ホーム     prev »  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

福島第一原発事故と薬害エイズ事件

東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

さて、福島原発事故の問題はニュース等いろいろ報じられているようですが、情報が増えてくるに従って疑問や矛盾を感じてきました。
この事故の原因、どこか薬害エイズ事件と似ているよな気がします。
(薬害エイズ事件とは、主に血友病患者が用いる血液凝固因子製剤の使用において、非加熱製剤がエイズ感染の危険があると認識していながら、その危険性がない加熱製剤が開発された後も2年4ヶ月以上の間、なかなか承認されずに非加熱製剤を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件。)


今回の震災でなぜ、原発は機能不全に陥ったか?
「これほどの地震、津波は想定していなかった」という主旨の国、東京電力の答弁。

 ここに次の事実が報じられています。
 2007年7月「福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ」
 2009年6月「福島原発、軽視された安全性リスク地震学者が2年前に鳴らした警鐘」

今回の件について
「津波に関する東電の想定、そして海底地震により引き起こされることの多い波に対処しようと同社が築いた防潮堤は、福島第一原発の運命を左右する重大なポイントになった。原発は3月11日のマグニチュード9.0の大地震を耐え抜いたが、約1時間後にやってきた津波が高さ5.5メートルの防潮堤を乗り越え、非常に重要なディーゼル発電機を破壊したからだ。」とあります。

しかし、いろんな情報を集めてみますと発電設備だけでなく、制御や管理に必要な電気系統や冷却用ポンプ等の重要な設備まで大きなダメージ(漏電、破損)を負い、その後の復旧作業で交換等がなされているようです。つまり、もし電源が確保できていても制御や管理はできなかった。
津波の被害を受けた時点ですでに「制御、管理は無理」という状況のようです。

また冷却水供給不足による水素爆発を起こす経緯は次のようになるようです。

「核燃料の崩壊熱による温度上昇」
  ↓
「原子炉圧力容器の圧力上昇」→「蒸気の圧力抑制室への放出、放出できない場合は原子炉破損」
  ↓
「原子炉圧力容器内の冷却水の蒸発による水位低下と圧力抑制室、原子炉格納容器内の圧力上昇」
 (原子炉の蒸気を原子炉格納容器に逃がしているわけですから、冷却不十分だとこうなります)
  ↓
「核燃料露出」
  ↓
「核燃料の温度の異常上昇」
  ↓
「核燃料の水素発生。さらなる温度上昇で燃料棒の熱破損」

海水の注入では、核燃料に塩が結晶として析出しそれが多くなると断熱材の役割をして、時間とともに冷却効果は低下していきます。また水素の発生量も増えてくるようです。
水素爆発を起こせば、いくら圧力容器が大丈夫でも、衝撃波で補器接続部はダメージを受け漏れるのは普通のはずです。漏れないようにするには、その系の設計強度をさらに上げる必要があります。


福島第一原発では、事故発生後の即対応で今回の放射性物質拡散という被害を小さくできたのかもしれませんが、どうも根本的には時間的にそれを回避することは非常に難しいことだったように思えます。

「事故発生の初動に問題があったからだ。」というニュアンスの見解もありますが、本当でしょうか。

地震津波に対する設備の安全性の見直しが十分行われていなかったことが原因の本質ではないでしょうか。

原子力損害の賠償に関する法律3条2項に
 「異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは」無過失責任は負わないと規定されています。今回の事故は「異常に巨大な天災地変」にあたらないという解釈で東電の責任問題が取りざたされていますが、それは 「想定された天災地変」ということでしょうか。
数年前に、地震津波に対する安全性が疑問視され、公の場で問題提起されていたにも関わらず、安全対策の見直しが行われなかった責任はどこにあるのでしょう。

企業というものはリスクとその対応コストをはかりにかけて物事を考えます。そのため誤った判断をしてしまうことがあります。それを防止する仕組みが国の規制であり指導であるはずです。
これは「薬害エイズ事件」とどこか似ているような気がします。
国が福島第一原発の安全性を認めてきた以上、まずは国が前面に立ち責任を持つという姿勢を示すのが筋ではないでしょうか。
これまでのニュース、報道では

「想定外の地震津波の規模だから、東電だけの責任ではない」という主旨のものから、
補償問題がクローズアップされてくると
「国の責任を認めれば、税金が使われ国民負担になる。東電を擁護するな」というニュアンスのもの。
いずれにしてもお金の問題になると、人の発言は微妙に変化しているようです。
また「補償は、まずは東電」という発言には正直、リーダーシップというものが感じられません。
なんだか切なくなります。

以上、思うがままのひとりごとです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 雑感

2011-04-23 : 原発事故 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1234位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。