自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
   « next    ホーム  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

フライスを改良

ネットオークションで2009年8月に入手した新品のフライス。
そのままでは高精度加工は期待できないものの、ネットで情報収集したところ、調整すれば20μm程度の加工精度は可能。
改造すれば10μm以下の精度も実現できるとのこと。

フライス001

主軸         : テーパーMT3
エンドミル能力    : 16ミリ
ドリル能力      : 16ミリ
Y軸(左右)移動量    : 300ミリ
X軸(前後)移動量    : 130ミリ
Z(上下)軸移動量    : 180ミリ
テーブルサイズ    : 460ミリ x 112ミリ
テーブル主軸距離   : 220ミリ
主軸速度       : 0~2500RPM 無段変速
Z軸微動送り     : ダイアル目盛 0.025ミリ

さび止めを洗浄し試運転を行ったところ、テーブルの送りはハンドルが重い。
改造しよう。そう思ってから、早1年2ヶ月。
加工時のブレも気になるし、当初から残っていたと思われるキリコも結構落ちている。
ということで、ついに分解開始。

テーブルとコラムです。↓
養生用の厚さ8mm程度の古紙再生ボード(ホームセンターで約300円で購入)の上で作業しました。

002.jpg

ヘッドです。↓
005.jpg

ベッドです。↓
ネジが固いので調べてみると、キリコがザクザク。ネジもうまく切れていませんでした。
タップでネジ穴の切り直しです。
コラムを固定する座の、ベースの取り付け面はディスクサンダーで削ったままというような呆れた仕上げでした。
003a.jpg


分解した後には、たくさんのキリコが・・・・・。
(養生ボードの上に新聞を敷き、その上に落ちたキリコです。)
009.jpg

ベッドの裏側です。↓
塗料がポタポタと付着しています。これでは水平が取りにくいし安定しませんね。
011.jpg

とりあえずベースの改良から始めるので、他のパーツは防錆剤CRC336をスプレーし、ラップを巻いて保存しています。
010.jpg

FC2ノウハウ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造 工作ツール

2010-10-24 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1521位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。