自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
  ホーム     次のページ »  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ぜぶるの丘

北海道の美瑛町のぜぶるの丘でかわいいものを見つけました。
かわいいフクロウのフィギュアです。
_A172368s.jpg

きっと7月上旬が花は見頃のようです。訪れた時は、咲き始めのようでした。
_A172354s.jpg

_A172359s.jpg

_A172380as.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

tag : 写真 スナップ

2011-06-26 : スナップ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タンチョウヅルとウシのにらめっこ

釧路湿原周辺の道路沿いの牧場で湿原では見ることのできなかったタンチョウヅルを目撃しました。

どうも牛たちの縄張りに入ってきたようで、牛たちは興味シンシン・・・。
_A141792s.jpg

その後タンチョウヅルが牛たちの方向に歩み寄ると、牛たちは一目散に木々の間に逃げ込みきました。
_A141788s.jpg
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 写真 スナップ

2011-06-26 : スナップ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オジロワシとカラスのバトル

知床半島をクルーズしてきました。
当日はあいにくの天気で霧がかかり知床連山は全く見ず、専ら半島沿岸の景色を眺めるというものでした。
上下に揺れるクルーザーの上からファインダー越しに眺めていると・・。

おや、オジロ鷲がカラスを襲ってる?
_A151939s.jpg

滅多に見れないオジロ鷲のハンティング。
_A151940s.jpg

あれ、ちょっと様子が違うような?
_A151941s.jpg

襲われているのは、オジロ鷲のほうでした。
_A151942s.jpg

_A151943s.jpg

カラスの縄張りから追い出されているようでした。
珍しい光景を見ることができました。
_A151944s.jpg
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 写真 スナップ

2011-06-26 : スナップ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

折れた釣竿の修理

折れた釣竿の修理方法のホームページ、Lepreの釣り工房を立ち上げました。

折れたロッド(釣竿)の修理はそれほど、難しいものではありません。ただ綺麗に仕上げようとすると難しくなってきます。国内には継ぎ目が分からないようなきれいな修復をしてくれるショップもあるようです。

実は、一時ロッドの修理を頻繁にやっていた時期がありました。10年も前でしょうか。当時はバス釣りにはまっており、メガバスのデストロイヤー(1ピースロッド)が一世を風靡していました。このロッド、釣り具屋では予約を入れてもいつ入ってくるやらわからないという状況。当然のことながら、新品ロッドにはプレミアが付き、オークションでは定価以上で取引されていました。人気のF4-66Xは定価の倍以上で取引きされていました。中古でも定価なみの金額。そんなデストロイヤーも折れてしまうことがあります。しかし、メーカー修理では時間がかかるとか、購入証明にあたる保証書がないと修理代が高い、あるいは修理してもらえないとかいろいろあったようです。そんなわけで、釣り仲間から折れたロッドを何とかきれいに修理できないかとか、傷をついたロッドを修復できないかという相談をよく受けていました。自分もなかなか触る機会すらないロッドでしたから、進んで修理を引き受けました依頼主の要求は、「とにかくきれいに、そして修理個所が折れないように」という無理難題でした。それに応じていると、その噂が広まりいろんな人から、様々な依頼が来るようになりましたその内容は、ガイドの鳴き(負荷がかかったときの異音)、グリップ、ロッドの深い傷の修復等々。いろいろ経験しました。折れたロッドの修復は、仕上がりと耐久性を追求すればするほど時間を要したものです。さて、前置きが長くなりましたが、オリジナル素材を極力再利用するという手法をご紹介します。
優れたショップでの修理手法は企業機密となっており、私は知りません。ここでご紹介する手法はあくまで我流ということでご理解下さい。プロショップ等では、よりよい手法で行われているかもしれません。

補修条件
 ・補強材以外は、破損素材を再利用する。
 ・補修用補強素材はカーボン。
この補修構造が基本形になります。

image1.jpg

ここから先は、Lepreの釣り工房へお越しください。
他のホームページにはない、ノウハウを公開しています。


FishingRod_001.jpg

まだ修理途中ですが、参考にしていただければ幸いです。
FishingRod_013.jpg
関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : リペア 釣竿 釣り 修理 ルアー ROD

2011-06-11 : フィッシングタックル : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスのテーブル部の改良


行方不明になっていた画像が見つかりましたので、その紹介編その2です。
今回はテーブル周りです。

ベアリングシートと呼ばれる部品で、スラストベアリングを組み込むようになっています。
しかし、加工制度の問題で、ベアリング面がシートとツライチになっているものがあります。
そのためハンドホイールのダイアルがベアリングシートと接触しスラストベアリング装着の効果が損なわれている場合があります。
_A011533s.jpg

テーブルの裏側です。
_A011534s.jpg

今回Oリングを強く挟むことで接触を回避しました。
_A011539s.jpg

ベースからサドルを外すのは簡単です。
画像の六角穴付きボルト外し、サドルのカミソリを抜くと上方向に外せます。
(テーブルも同様の方法で簡単に外せます。止めネジはサドルの横)
送りネジは片支持でナットとのセンター合せはかなり面倒です。六角穴付きボルトをゆるめサドルを送りながら送りネジの先端のブレを見ながらの調整が必要です。
_A011529s.jpg

サドルの送り部のスクリューシートと呼ばれる部品には、ベアリングは組み込まれておらず、また軸径より大きな穴となっています。玉軸受けを組み込むのがベターなのでしょうが、時間と材料の都合でゴムパッキンを挟み込み
送りネジの軸の調芯をしやすくしました。
この部分はナット側を含め将来、大幅改良予定です。
_A011527s.jpg

送りは、かなり軽くなりました。
木製台とオイルパンを組み合わせたものです。オイルパンはバーベキュー用の鉄板です。
_A011540s.jpg
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 工作ツール 改造

2011-06-04 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1451位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。