自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
  ホーム     次のページ »  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

フライスのテーブル部の改良


行方不明になっていた画像が見つかりましたので、その紹介編その2です。
今回はテーブル周りです。

ベアリングシートと呼ばれる部品で、スラストベアリングを組み込むようになっています。
しかし、加工制度の問題で、ベアリング面がシートとツライチになっているものがあります。
そのためハンドホイールのダイアルがベアリングシートと接触しスラストベアリング装着の効果が損なわれている場合があります。
_A011533s.jpg

テーブルの裏側です。
_A011534s.jpg

今回Oリングを強く挟むことで接触を回避しました。
_A011539s.jpg

ベースからサドルを外すのは簡単です。
画像の六角穴付きボルト外し、サドルのカミソリを抜くと上方向に外せます。
(テーブルも同様の方法で簡単に外せます。止めネジはサドルの横)
送りネジは片支持でナットとのセンター合せはかなり面倒です。六角穴付きボルトをゆるめサドルを送りながら送りネジの先端のブレを見ながらの調整が必要です。
_A011529s.jpg

サドルの送り部のスクリューシートと呼ばれる部品には、ベアリングは組み込まれておらず、また軸径より大きな穴となっています。玉軸受けを組み込むのがベターなのでしょうが、時間と材料の都合でゴムパッキンを挟み込み
送りネジの軸の調芯をしやすくしました。
この部分はナット側を含め将来、大幅改良予定です。
_A011527s.jpg

送りは、かなり軽くなりました。
木製台とオイルパンを組み合わせたものです。オイルパンはバーベキュー用の鉄板です。
_A011540s.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 工作ツール 改造

2011-06-04 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスの部品改良

行方不明になっていた画像が見つかりましたので紹介します。

フライスの各パーツの部分修正後、塗装したものです。
_A291395s.jpg

塗料を全て剥離させ、亜鉛めっき塗料を下地としてカラー塗装しました。
_A291396s.jpg

尚、テーブルは溝の部分だけ亜鉛めっき塗装をしています。
_A291398s.jpg

コラムの垂直固定用のロックピンです。
購入直後のものは切粉が多く、動かなものがほとんどと聞きました。
分解掃除しグリスアップしました。
汚れが固着し結構時間がかかりました。
_A301510s.jpg

固定等のピンが出た状態
_A301516s.jpg
固定等のピンが出た状態
コラム後部のロレットを引き、回すとロック解除の状態になりコラムを傾けることができます。
_A301517s.jpg
固定等のピンを引き込んだ状態
_A301518s.jpg

コラムを組み立てた状態です。
_A301524s.jpg

完全組み上げまでサビ防止のため、薄めた亜鉛めっき塗料で金属露出部をコーティングしています。
_A301526s.jpg
各部の動きはスムーズでぶれもなくなりました。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造 塗装 工作ツール

2011-06-04 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスの平行度修正

卓上フライスの改造について、長く更新していませんでした。
写真を撮っていたので、思い出しながら書くことにしました。

テーブル、その可動部、台形ネジ、ベアリング組み込み部全て分解し当たり面の確認と修正を施しました。
そして塗装もやり直しました。
しかしその写真が・・・見つかりませんので、その部分は後日報告します。

組み付けた状態で、平行度をのデジタル角度計(誤差±0.1°)で確認しました。
このデジタル角度計は新潟精機が販売しているBevel Boxという商品で、7000円程度で入手できたと思います。
_A031543s.jpg
基準面を決めて傾きを相対比較しました。
計測面は、鉄粉、サビ、塵等をきれいに取り除いておきました。
_A031544s.jpg

_A031547s.jpg

_A031549s.jpg

コラム取り付け部品との当たり面がの平行が出ていませんでした。
_A031551s.jpg

_A031553s.jpg

面が水平でないため、超硬刃できさげ。・・・というよりガンガン削り取りました。
_A031554s.jpg

#1000のダイヤモンド砥石で平滑化しました。
これではピッタリ密着とはいきませんが、作業がしにくいのでここまでとしました。
_A041556s.jpg

コラム接続部品の修正。
_A081194s.jpg

コラム接続部品のベースとの当たり面を定盤で擦り合わせ研磨しました。
_A041558s.jpg

仕上げは#3000研磨です。
だいたいこんなものでしょう。
_A041560s.jpg

大きな機械がなくてもこのように手作業で修正は可能なのです。
ただし大変手間がかかりますが。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 工作ツール 改造

2011-05-28 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスのコラム改良

コラムは、錆止め、かなりぶ厚いサーフェイサー、上塗り黒で仕上げられていますが、
塗装表面は見るからに不均一。

1030_202.jpg

1030_203.jpg

この塗料をまず剥がしますが、荒い鋳肌をごまかすためのぶ厚いサーフェイサーは、かなりやっかい。
ディスクサンダーに回転ワイヤーブラシを取り付けて作業を開始しましたが時間がかかり、また鋳肌の粗さまではどうにもならないため、鋳物用のオフセット砥石に変更。凸凹の鋳肌を1mm程度削り込みました。

コラム01

細目のやすりで大まかに面出ししました。
これは、固定部のあたり面の面精度を確保するためと、塗装仕上げ時の基準面を出すためです。
ついでにコラム内部をやすりがけ。なんと100cc程度の量の砂が出てきました。
_A271139.jpg

固定面は念入りに平面出ししました。
エッジも出ています。
_A231131.jpg

_A231132.jpg

_A231133.jpg

サーフェサーとして、コラムは常温亜鉛めっき塗料のグレーを刷毛塗り。
コラム内部は刷毛が届かないため、穴部をマスキングテープで塞ぎ、塗料を流し込みました。
コラム接続部品は常温亜鉛めっきスプレー塗料のシルバーを用いました。
自然乾燥後、コンロの小口のバーナーの上で弱火で加温。強制的に硬化を促進しました。
_A281141.jpg

_A281156.jpg


その後、サンドペーパーで手研磨し表面を滑らかにしてから、今度は常温亜鉛めっきスプレー塗料を吹きつけました。
_A281152.jpg

この後、研ぎだし、常温亜鉛めっきスプレー塗料の重ね塗り、上塗りへと続いていきます。
上塗りは耐油性を考慮し2液性のウレタン塗料の予定です。
何色にしようかな・・・。



FC2ノウハウ

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造 さび止め 塗装 工作ツール

2010-11-29 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスのコラム分解

回転センターは、ほぼコラムの幅の中央の位置でした。
コラムの回転センターに対し、角度指針はオフセットされています。
よって角度目盛りは、目安程度に使うもののようです。
ストッパーはキリコが詰まっており、最初から手では動きませんでした。
なぜこれほどと思うくらいの量のキリコが出てきました。

1030_201.jpg

コラムの裏側です。
ブレの原因は、「ナット1個の固定だから」という理由だけではなさそうです。
この面仕上げでは、あたりも悪く加工荷重がかかると微妙に動いて当然とも思えます。あたり面の精度を上げることで、どれだけブレが減るか楽しみです。
1030_202.jpg

砂肌のままのコラム内部です。
コラム上部の裏側は、このように開口部があります。
強度上の影響もとんどないと思われ、加工時のモーメント荷重低減のための軽量化を狙ったものでしょうか。
1030_203.jpg

鉄鋳物の鋳肌には砂やキリコが付着し、そのままサビついています。
1030_204.jpg

コラム接続部(コラムを固定する部品)です。あたり面には塗料や擦り傷が・・・・
1030_205.jpg

コラム接続部の下面とベースの隙間。
この隙間は、こういう設計なのでしょう。でも左右で隙間の大きさが違います、
1030_206.jpg

左は0.03~0.04mm、右は0.8mm程度
1030_207.jpg

右側が若干後ろ寄りのように見えます。ボルト穴がどうも左右で0.5mm程前後にずれているのとベースとの干渉があるようです。
1030_208.jpg

小手先の調整でも、なんとかなりそうですが、調整するにしても面精度がひどいとすぐ狂いが出てしまいそうで、修正をすることにします。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造 工作ツール

2010-10-30 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1451位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。