FC2ブログ
自作・改造・修復・修理などで創意工夫することを楽しみとして実践しています。 SINCE 2010,10,24
  ホーム  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

バイクのスポーク再生


分解したスポークはこんな感じです。
これからさび落としです。
_A030766.jpg

クエン酸でサビを落としています。
_A030762.jpg

さび落とし後、亜鉛めっき塗料で塗装しました。
_A060769.jpg

_A060771.jpg

_A060773.jpg

亜鉛めっき塗装したものを再びクエン酸で処理します。
酸による暴露テストみたいなものですが、これで早期安定化につながります。
_A070777.jpg

液がすこし黄色っぽくなってきました。亜鉛が溶け出しています。
_A070782.jpg

スポークも全て処理します。
発生してくる泡は水素だと思います。
_A070789.jpg

左から順に、
1.酸処理のみ
2.アルミ箔で擦ったもの。
3.#2000のサンドペーパーで軽く擦ったもの
4.#2000のサンドペーパーで軽く擦り、コンパウンドで、簡単に研磨したもの
5.同上
金属の光沢が出ているのがわかりますか?まさしく金属亜鉛の光沢なのです。
_A100794.jpg

亜鉛めっき塗料シルバー(アルミ含有)で上塗りし自然乾燥24時間後、ハロゲンランプで60℃乾燥しました。
_A211122.jpg

これを先ほどと同じように研磨していくと、今度はアルミの光沢がでてきますが、カラーホイールの色に合わせてゴールドに塗装する予定です。
その作業は組み付け前にすることにして、このまま1週間乾燥させ保管しています。

ちなみに、下の画像は屋外保管の4年前にレストアしたバイクTLMのもので、亜鉛めっき塗料(シルバー)で塗装しただけのものですが、サビは一切発生しておりません。
_A211116.jpg



FC2ノウハウ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

tag : バイク レストア さび止め 塗装

2010-12-18 : バイクレストア : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バイクTLMのハブレストア


数年前、スペアとしてフロントホイールハブを入手するために、オークションで中古のフロントホイールを落札し分解保管していました。
Befor01011.jpg
Befor01013.jpg
Befor01014.jpg

ベアリングを抜き取ります。
Befor01015.jpg
Befor01017.jpg
Befor01018.jpg

内径は110.03mm、仕様限界は111mmですから問題ありませんでした。(画像のノギスの値は関係ありません)
Befor01020.jpg

汚れとサビを落とすため、ハブとスポークは灯油に1ヶ月ほど浸て放置していました。
大した効果はありませんでしたが・・・・。
ING014.jpg
ING011.jpg


ワイヤーブラシでは素材のアルミが摩耗してしまうので、剥離剤で塗料を落としました。
もともとの素材表面の荒れと傷は、#1000のサンドペーパーで手研磨しました。
af01013.jpg

耐熱200℃のエポキシ系の亜鉛めっき塗料で下塗りします。これは経年劣化によるアルミの腐食を防止するためです。
文献等では、アルミには適さないとありますが、エンジン等ですでに4年近い実績から自分は純正新品以上に腐食しにくいと思っています。ただ上塗りまでに1ヶ月以上の期間をおいています。
_A030760.jpg
_A030759.jpg

耐熱200℃の艶あり黒で塗装し、自然乾燥で4時間。
その後ドライヤーで60℃加熱15分。
その後、オーブンレンジで140℃、15分加熱しました。
この塗料、Top-HeaTという商品名ですが、数年前に購入したものより、乾きがいいような気がします。
_A171214.jpg
塗装品質は、純正の新品以上・・・かな?
_A181219.jpg

スペアのフロントホイールに組み付ける予定です。
wh001.jpg


FC2ノウハウ
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

tag : バイク レストア さび止め 塗装

2010-12-18 : バイクレストア : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フライスのコラム改良

コラムは、錆止め、かなりぶ厚いサーフェイサー、上塗り黒で仕上げられていますが、
塗装表面は見るからに不均一。

1030_202.jpg

1030_203.jpg

この塗料をまず剥がしますが、荒い鋳肌をごまかすためのぶ厚いサーフェイサーは、かなりやっかい。
ディスクサンダーに回転ワイヤーブラシを取り付けて作業を開始しましたが時間がかかり、また鋳肌の粗さまではどうにもならないため、鋳物用のオフセット砥石に変更。凸凹の鋳肌を1mm程度削り込みました。

コラム01

細目のやすりで大まかに面出ししました。
これは、固定部のあたり面の面精度を確保するためと、塗装仕上げ時の基準面を出すためです。
ついでにコラム内部をやすりがけ。なんと100cc程度の量の砂が出てきました。
_A271139.jpg

固定面は念入りに平面出ししました。
エッジも出ています。
_A231131.jpg

_A231132.jpg

_A231133.jpg

サーフェサーとして、コラムは常温亜鉛めっき塗料のグレーを刷毛塗り。
コラム内部は刷毛が届かないため、穴部をマスキングテープで塞ぎ、塗料を流し込みました。
コラム接続部品は常温亜鉛めっきスプレー塗料のシルバーを用いました。
自然乾燥後、コンロの小口のバーナーの上で弱火で加温。強制的に硬化を促進しました。
_A281141.jpg

_A281156.jpg


その後、サンドペーパーで手研磨し表面を滑らかにしてから、今度は常温亜鉛めっきスプレー塗料を吹きつけました。
_A281152.jpg

この後、研ぎだし、常温亜鉛めっきスプレー塗料の重ね塗り、上塗りへと続いていきます。
上塗りは耐油性を考慮し2液性のウレタン塗料の予定です。
何色にしようかな・・・。



FC2ノウハウ
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 改造 さび止め 塗装 工作ツール

2010-11-29 : 卓上フライス改造 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エンジンシリンダー塗装

シリンダー、シリンダーヘッド
Cimg0455s.jpg

IMG_0071s.jpg

塗料を取り除きました。(剥離剤やワイヤーブラシ、サンドペーパー等)
Cimg0462s.jpg

シリンダーはサンドブラストをかけました。
IMG_0074s.jpg

シリンダー内部は結構綺麗でしたが、オイル焼け、ピストンリングのあたり傷は研磨除去しました。
Cimg0472s.jpg
艶有り黒の耐熱塗料で塗装し、24時間自然乾燥しました。
CIMG0502.jpg
CIMG0504s.jpg
CIMG0517s.jpg

完全硬化のために150℃で焼き付けます。換気しながらオーブンで焼付けしました。
CIMG0661s.jpg



FC2ノウハウ
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

tag : レストア さび止め 塗装 バイク

2010-11-06 : バイクレストア : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

レプラホーン

Author:レプラホーン
家具の製作から、バイクのレストアや腕時計の修理、工作機械の改造まで、これまでのノウハウを駆使して実践しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

累計カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
10882位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2561位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アクセスランキング

ほしい物リスト

僕が興味を持っている物です。

お勧め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。